「ほっ」と。キャンペーン

ACCESSを終えて・・・(その4)

まあ、こうして考えてみると良いことの方が多かっ
た気がするな。
「向き不向き」で言えば向いていたのかも知れない。

モデルを育てるのはカメラマンや主催者としては、
ある意味当然であるが、私は多くのカメラマンも更生
させ(笑)、教育してきたつもりである。

モデルへの指示であったり、コミュニケーションであ
ったりというのがほとんどであるが、写真に関しても
少なからず影響を受けた人も居たようである。

「客に対してそれは失礼」と思う人もいるかと思うが、
それを放置しておくと、馬鹿な言動を繰り返し、モデ
ルに嫌われ、撮影会の空気を壊し、結果的にろくな写
真が残らない・・・という事になる。
最終的には本人のためになるし、モデルも気持ちよく
撮影ができる環境になるし、ひいては撮影会そのもの
の雰囲気、質にも影響する。

だから、撮影会主催者はハッキリモノが言える人間が
やった方がいいのだ。勿論、そういうのが嫌で離れて
いった人もいるだろうし、中には怒って帰った人もい
る。

しかし、そういう事を「理解」し、受け入れてくれた
人が常連となり、ACCESSを支えてきてくれたのだ。
私が目の届かない場所や場合には、私に代わってフォ
ローまでしてくれるようになっていた。

これは彼らがグループ撮影をしたり、個人撮影する時
に必ず生きていると確信できる。
ポートレート撮影において「場の空気」がどれほど大
切であるかを考えれば、しごく当然の事でもあるのだ。

つづく・・・かもしれない(笑)。
[PR]
# by ken58 | 2013-12-28 19:32 | 画伯のぼやき

ACCESSを終えて・・・(その3)

撮影会で主催者として写真を撮っていると、自分の
好みやスタイル以外の写真も撮るようになる。
モデルの良さを他の参加者や一般にアピールしなけりゃ
ならんので、趣味に走った写真ばかりでも困るからだ。
結果、写真の巾が広がるのだな。

最近でこそ、普通に一眼レフで撮影していたが、撮影
会立ち上げ当初などは、コンパクトカメラで27枚撮り
フィルム一本のみで、終日撮っていたので、一枚の集
中力が素晴らしかった。

では、逆に撮影会主催者をやっていて、何か弊害が
あったかというと・・・。

私生活ではろくな事がない(笑)。
結婚していた頃は「浮気」を疑われ(モデルとね)。
「きれいなモデルと比べられたくない」とプライベート
での撮影(記念写真)を拒否されたり・・・。

モデルから結婚式写真を頼まれても断らなければな
らない。というか、一人でも引き受けたら全部断れ
なくなるから、全部断ってきた(汗)。
ああ、でもモデルの飼っているニャンコは撮ってあ
げたことがある。

ストライクゾーンが広いおかげで、自分の女の子の
好みがよくわからなくなってしまった・・・。

本人に直接言える事以外は、絶対にカメラマンやモ
デルの悪口を言わないようにしてきた。
これは主催者でなくても人としてそうあるべきかな。

つづく
[PR]
# by ken58 | 2013-12-28 19:30 | 画伯のぼやき

ACCESSを終えて・・・(その2)

撮影会の主催者という仕事を長年やってきて、良か
った事は・・色々ある。

現場では周囲に気を配り、ロケーションポイントを
見つける嗅覚が発達した(笑)。
「この場所は長居するとマズイ!」とか「ここは
ゆっくり撮っていても大丈夫」とかもわかるのだ。
「絵になる場所」を偶然歩いた道で発見する事も
少なくない。鼻が効くのだ。

あとは、モデルのストライクゾーンがやたらと広い
(笑)。これが良いことかどうかはさて置き、相手
に関わらず自身のモチベーションをコントロールで
きるのである。(特殊能力と言っていいだろう)
ストライクでない相手を「本気」で「カワイイ」と
か褒めるのは実は難しいのだが、私の場合そもそも
のストライクゾーンが広いので、嘘つく必要もなく、
「ゾーン寄り」でありさえすれば、いかようにも乗
っていける。

親子ほど歳の離れたモデルでも「対等」に話ができ
る。しかも特に考えてしゃべったりしていないので
疲れる事もない。
これは、元々の性格もあるだろうが、撮影会で若い
女の子と接する機会が多いというのは大きい。

ああ、あとバレンタインデーね(笑)。
毎年色んなカワイイ子からチョコ貰えて役得であった。

つづく
[PR]
# by ken58 | 2013-12-28 19:27 | 画伯のぼやき

ACCESSを終えて・・・(その1)

15年間続けたACCESS撮影会が終了した。

まあ、今年の活動は11月以外は月に2~3回程度
だったので、まともな運営とは言いがたいが、そ
れでも細々ながら続けてみた。

定員6名で2、3名での開催が多かった。
1名で無理やり開催ってのも多々ある(笑)。
ことわって置くが、これはモデルの人気のせいでは
ないのだ。そもそもの集客力が落ちてしまったせい
なのである。
全盛期は定員7名でも、募集開始1時間で
満員になり、あぶれてしまう人が続出という時代
もあった(今では信じられないが・・・)。
普通に利益が出て、仕事として成立していたならば
20年、25年と続けていたかもしれない。
(25年は体力的に無理かな・・・)

利益を求めず、趣味でやっていけば続けられる・・
という物でもないのだ。私だって仕事と割切って
いたから、15年やってこられたと思っている。
元来マメな性格でもないし、気の利くヤツでもない
(笑)。仕事だから客やモデルにも気配りするし、
様々なフォローもする(でもちゃんと仕切る)。
ロケーションへのこだわりや、モデルへの思い入れ
は元々強い方だが、これも仕事という事で逆に軽減
されて、結果ちょうど良い具合になっていたのだ。
要はバランスだな。

そのバランスの良さと、ストリート中心での撮影が
受けてそこそこの安定をみた。そういう時代だった
のだ。

つづく
[PR]
# by ken58 | 2013-12-28 19:26 | 画伯のぼやき

最近のACCESS撮影会その2

3月

れなちゃん、梅満開。
b0068556_20402610.jpg

b0068556_20411865.jpg


CoCoちゃん
b0068556_20405482.jpg


Saiちゃん1年2ヶ月ぶり。
b0068556_20421069.jpg
b0068556_20421958.jpg


まきちゃん、桜満開。

b0068556_20415531.jpg

b0068556_20425049.jpg


4月

えりどん

b0068556_20433338.jpg


はるちゃん

b0068556_2044556.jpg

b0068556_20443464.jpg


というわけで・・・ACCESSはまだまだ活動しております(笑)。
[PR]
# by ken58 | 2013-04-19 20:46 | 画伯ギャラリー

最近のACCESS撮影会

いちおう、細々とやってはいます。

1月~2月

はるちゃん
b0068556_2034835.jpg
b0068556_20344026.jpg


まきちゃん
b0068556_20354455.jpg


れなちゃん

b0068556_20354025.jpg
b0068556_20354246.jpg


さきちゃん

b0068556_20361827.jpg
b0068556_203797.jpg

[PR]
# by ken58 | 2013-04-19 20:37 | 画伯ギャラリー

ACCESS回顧録・その4

私は撮影会の時、歩くのが早かった。

そのスピードについてこられるモデルは、過去の登録
モデル70~80名の中でも数人しかいない(笑)。
時間がもったいないのもあるが、次の撮影ポイントを
チェックしたいからであった。私を見失ってはぐれない
限り、同じスピードで歩く必要はないのだが、公園なら
良いがストリートではホントにはぐれてしまう。

これは当然ながらカメラマンも同様で、荷物の多い参
加カメラマンは大変だったことだろう・・・。
そんなスピードに何故か逆ギレするモデルもいたが(笑)
そんな事はおかまいなしだ。進行優先!!


しかし、最近は私も歳をとって体力が落ちたので、春夏
は汗をかかない程度に抑えるし、無理はしない。
話をしながらゆっくりと歩く事も少なくなくなった。
それでも未だに「歩くの早い」と言われるので、5,6年前
はどれだけ早歩きだったのだろう・・・。
[PR]
# by ken58 | 2013-02-09 23:29 | 画伯のぼやき

ACCESS回顧録・その3

14年前はまだフイルム撮影が全盛時代。
デジタルの現在は簡単に感度を変えられるので、
何の問題はないけど、当時はいきなりトンネルや
ガード下などの暗いポイントへ連れていくと、
「え~~、撮れないよー。」と言う人あり(笑)、
気合でスローシャッターで撮る人ありと様々でした。

まあ、私もコンパクトカメラでフィルム撮影だった
ので、更に条件は厳しく、地面や膝にカメラを置いて
無理やり撮っていましたが、それなりに撮れるもんです。
悪条件でも工夫して撮る事が、楽しみでもあり、勉強
にもなったので、うちでは「雨天中止」がほぼ存在
しませんでした(笑)。

まあ、雨が嫌でキャンセルも多少は出ましたが、「中止
で暇になるよりは、雨でも撮りたい」という参加者の
方が多かったと思います。
今でも雨での撮影はやっていますが、正直、迷います(笑)。
雨天中止の割合も若干、増えたと思います。

また、常連参加者だけの時などは、「人が撮った場所、
セッティングは撮らない」という縛りを作って、頭を悩まし
ながらの撮影なんぞもやってました(これは楽しい)。
ある参加者が「ACCESSには修行に行っている」と言って
いましたが、面白い表現だな・・・と(笑)。

撮影会はカワイイおねぇチャン撮れて、お話もできて・・
まあ、それで良いのだと思うけど、どうせ撮るのなら、
何か課題を持って臨んだり、少しでも作品撮りに近づける
ような撮影ができたらいいな・・・というのがACCESSの
本道だったような気がします。

つづく
[PR]
# by ken58 | 2012-12-08 01:17 | 画伯のぼやき

ACCESS回顧録・その2

ACCESS撮影会の初期はカメラマンの定員が10名という
大人数でした(その分参加費は¥3,800くらいだったかな)。
そんなわけで、当然公園中心で始めたのだけど・・・。
最初の何回かは私個人の知り合い(写真仲間)が大勢来て
くれて、まったりと公園で撮影会をやっていたけれど、
まだ知名度もないに等しい撮影会。人が来るわけない(笑)。

結果、5名を切る日も多く、3、4名だと公園を飛び出し
てストリートで撮っていました。
そういう撮影を経て、参加人数を絞りストリート撮影中心
にシフトしていった訳です。

ただ、公園でやっていても1対1撮影は最初からやって
いたので、待ち時間は長かったかも。

半年、1年と続けるうちに常連カメラマンも増えて、仲の
良い参加カメラマンにはかなり厳しい注意やアドバイス(?)
もしていました。客を叱ったり、怒鳴ったりする撮影会も
珍しいよね(笑)(笑い事じゃないか)。
でもちゃんと筋の通る事でしか言わないし、モデルへの接し
方から、指示の仕方、「おかしい」と思えばバシバシ厳しく
言ってました。
だからモデルは安心して撮影に臨めたし、カメラマンもモデル
に嫌われる事無く、和やかに進行できたのだ。
実際、デリカシーのカケラもないオヤジカメラマンって驚く
ほど多かったのだ。
私は大勢のカメラマンを更生させた・・・と言っても決して
大袈裟ではないのだ(笑)。

ポートレート撮影は、ただ撮ればいいってもんじゃないからね。


つづく・・・かな。
[PR]
# by ken58 | 2012-11-24 20:16 | 画伯のぼやき